サラリーマンの仕事

 私は鉄鋼会社、中でもステンレス鋼に特化した会社に勤めていた。その会社がかつてステンレス配管というのを開発した。ステンレス製の水道管である。築地の新聞社や銀座の大きなビルなどにも早速採用となった。それまでは亜鉛メッキ鋼管、つまり鉄の管が多く使われていた。ステンレス鋼は、耐食性、耐熱性、低温特性に優れた金属である。年数が経っても、赤さびなども発生せず、とても衛生的に使えるのだ。

 入社3年目の私がいる営業の部署に、ひっきりなしに電話がかかっていた。

「ステンレスなのに、錆が出ているぞー!」

 現場の水道工事屋さんである。調査してみて分かったのだが、水道の蛇口とステンレス配管を繋ぐところに、絶縁パッキンが入っていなかったのである。それまでは、蛇口の金具も水道管も鉄であった。今度はそれが、蛇口は鉄、水道管はステンレス、という具合になる。鉄にニッケルとクロムを混ぜてつくるのがステンレスだ。そんなステンレスは、鉄とは異種の金属なのだ。

「異種の金属が水溶液中で接触すると、電位差により電気が流れ、錆が発生する」

 という理屈がある。そういう事情なので、鉄の蛇口とステンレス配管の繋ぎ目のところへ、電気を通さない絶縁パッキンを入れる必要があったのだ。その辺りの、会社のアナウンス不足もあり、一時期、錆に関するクレームが多発した。

 疲れて行きつけの飲み屋へ顔を出すと、―― 時間まで机にいれば給料がもらえるんだから、サラリーマンは気楽でいいね! …… 口癖のようにおばちゃんはいった。

 その後転勤もしたが、たとえお客さんとダイレクトに接触しない、総務や経理などの補助管理部門の仕事でも、定時から定時まで、決った仕事をこなして帰るという日常はまずなかった。朝から晩までひっきりなしに電話がかかって来る。他部署からの問題提起である。私は思うのだが――、仕事をすることって、その問題解決の連続なのである。つまり、仕事はクレーム処理みたいなものなのだ。

 サラリーマンの仕事って、そういうもんなんです。分かります? おばちゃん! 

 かくいう私は、錆のような赤い色のTシャツを着て、同級生と記念写真に納まる年齢となってしまった。  了


2019/02/22

小倉一純

近藤健 先生  

 先年、随筆春秋の近藤健先生は、30年近い東京生活を仕舞われ、故郷の町のある北海道へ戻られた。大手石油販売会社の本社を離れて、現在はその札幌支店に勤務されている。ご家庭の事情で転勤願いを出していたのだ。近藤健先生は、会社員と文筆家の二足の草鞋を履いた、日本一のサラリーマン作家である。

 一昨年縁あって、随筆春秋の同人となることを許された私は、10編近い作品を、札幌の近藤先生に添削していただいた。「よく書けています!」と寸評があるものの、原稿をめくるとそこかしこに朱が入っている。努力して勉強していくうちに、赤ペンの個所はだんだん少なくなっていき、私にとってそれが何よりの励みとなった。

 先日、近藤健先生よりこのホームページへコメントをいただいた。――機が熟し、花開く日を楽しみに待っております(その一部を抜粋)……と記されていたのである。感動!

 その近藤先生が師と仰ぐのが、随筆春秋の大御所でもある、作家の佐藤愛子先生である。

◆作品集 こんけんどうのエッセイ

(小倉一純)

私の作品集 since2016

第24回 随筆春秋賞公募 奨励賞 第13回 文芸思潮 エッセイ賞 第3次選考通過 第23回 随筆春秋賞公募 奨励賞 作文ist / さくぶニスト 小 倉 一 純

0コメント

  • 1000 / 1000