今日の犬走り

 朝の運動で、庭の犬走りを行くと、文字通り、歩きではなく、走りになってしまう。腰を落として音を立てず、忍者走りのような態になるのだ。ここ1週間、私はそんな運動を続けている。

 最近、或るスーパーへ通っている。埼玉県の小さな八百屋が起源なのだとか。ここの特徴は惣菜だ。ピカイチなのである。我家では朝は作るが、夜は惣菜を利用している。私は4階の屋上駐車場に車を停める。そこからは、京王線の車両基地を眼下に見渡すことができる。遠くへ目を遣ると、正面には富士山。その手前に広がるのは、丹沢山系である。その向かって左の端が、豆腐で有名な大山だ。花粉の季節である。大気は霞み、日本一の山を拝むことのできる日は少ない。スーパーは建物の1階である。私はエスカレーターもエレベーターも使わない。買物が終わって階段を上がると、3階へ来たところで、決まって息が切れていた。それが今ではなんともない。やはり足腰は使わないといけないのだ。

 今朝は、向かいの長男がどこかへ出かけるらしく、愛車を我家の犬走りの横へつけた。犬走りは、道路に面した狭い通路である。ちょうど私が、朝の運動を始めたところだった。1周目、長男と目が合い挨拶をした。2週目、私が通ると、彼はアレという顔をした。3週目は明らかに、訝し気な表情となった。その内、見送りのお父さん、お母さん、お姉さんもやって来て、私はそこを10回以上、忍者のように通り過ぎた。

 いつも通りの、平和な朝であった。

 快走しながら頭に浮かんだ。犬走り、という日本語に対し、英語圏ではキャットウォークというのがある。日本語にすれば、猫歩き、だ。地名や人名には、猿渡、というのもある。どうして、犬は走り、猫は歩き、猿は渡る、のだろうか?

 そんな愚にもつかぬことを考えながら、今日も私は、犬走りを行く。  了


2019/03/30

小倉一純

近藤健 先生  

 先年、随筆春秋の近藤健先生は、30年近い東京生活を仕舞われ、故郷の町のある北海道へ戻られた。大手石油販売会社の本社を離れて、現在はその札幌支店に勤務されている。ご家庭の事情で転勤願いを出していたのだ。近藤健先生は、会社員と文筆家の二足の草鞋を履いた、日本一のサラリーマン作家である。

 一昨年縁あって、随筆春秋の同人となることを許された私は、10編近い作品を、札幌の近藤先生に添削していただいた。「よく書けています!」と寸評があるものの、原稿をめくるとそこかしこに朱が入っている。努力して勉強していくうちに、赤ペンの個所はだんだん少なくなっていき、私にとってそれが何よりの励みとなった。

 先日、近藤健先生よりこのホームページへコメントをいただいた。――機が熟し、花開く日を楽しみに待っております(その一部を抜粋)……と記されていたのである。感動!

 その近藤先生が師と仰ぐのが、随筆春秋の大御所でもある、作家の佐藤愛子先生である。

◆作品集 こんけんどうのエッセイ

(小倉一純)

私の作品集 since2016

第24回 随筆春秋賞公募 奨励賞 第13回 文芸思潮 エッセイ賞 第3次選考通過 第23回 随筆春秋賞公募 奨励賞 作文ist / さくぶニスト 小 倉 一 純

0コメント

  • 1000 / 1000