箱根へ行く

 高齢の両親を連れて箱根へ行った。車での1泊旅行である。途中、国道1号線の塔ノ沢あたりの、早川の流れが目にも涼しい。新緑が、澄んだ川面へ迫っている。私は、ここの景色がとても好きである。

 宿は、知り合いに紹介してもらった企業の保養所だ。最上階の和洋折衷の部屋に案内された。バルコニーには、丸い陶器の露天風呂がある。向こう側の山の中腹には、個人の別荘がいくつも見える。保養所は、小高い山の中腹に建っていた。山側にある廊下の、腰高の窓のすぐ下が獣道になっている。狸や猪が通るらしい。危険だから、深夜の時間帯には裏山へ出ないで欲しい、と支配人がいう。

 夕食は1階の食事処である。時計を見ると3時過ぎだ。まだ間がある。夜になるとベッドに変身するソファーに、私は腰を下ろした。両親には目の前に、シングルベッドが2つ用意されている。ふと横の柱に目を遣ると、非常用の懐中電灯が備えつけてある。それを抜いて、点灯させてみた。薄暗い。これではいざという時に危険だと思い、私はフロントを呼んで、電池を交換してもらった。

 背もたれの立ち上がった所、つまり座面との境界線のあたりだが、何とはなしに指を突っ込んでみると、何やら食べかすが沢山詰まっている。これは不潔だと思った私は、バケツに露天風呂の湯を入れ、用意されていた入浴用のタオルを浸してよく絞り、掃除を始めた。夜、このソファーベッドを使うのは、私である。

 やれやれ、食前のビールでも飲んでおこうかと立ち上がった時、ソファーベッドと床の隙間に目が行くと、そこは埃だらけであった。居ても立ってもいられなくなった私は、重たいそいつを、絨毯の上でスライドさせ移動した。掃除機など置いていないので、先ほどのタオルで、カーペットの埃をひと通り綺麗にしてやった。ここまでやったらついでなので、薄汚れていた小型冷蔵庫の内部も、しっかりと拭き上げた。

 食事も終わり、部屋のテレビを点けて、お土産に買ったお菓子を食べながら、両親は話をしていた。呑ん兵衛の私はそれを横目に、冷蔵庫から日本酒を出そうかビールを出そうかと迷っている。ふと、両親の視線の先に目が行くと、画面が曇っているではないか。私は、乾かしてあった先程のタオルをもう1度濡らし、よく絞って、液晶テレビを拭いてやった。見違えるように綺麗になった。その様子を見て私は、自分のことのように嬉しかった。

 翌日は快晴である。真っ青な大気の向こう側に、富士山がその雄姿を見せていた。後部座席に両親を乗せ、運転席に座った私は、違和感を覚えた。腰が痛いのである。そういえば私は、食事と寝る時以外は、掃除ばかりしていたような気がする。私は一体箱根へ、何をしに来たのだろうか。

「宿賃を払うより、アルバイト料をもらいたかったよ」

 両親に冗談をいいながら、ハンドルを握る私の前を、尻を真っ赤にしたニホンザルの親子が横切って行った。  了


2019/04/12

小倉一純

近藤健 先生  

 先年、随筆春秋の近藤健先生は、30年近い東京生活を仕舞われ、故郷の町のある北海道へ戻られた。大手石油販売会社の本社を離れて、現在はその札幌支店に勤務されている。ご家庭の事情で転勤願いを出していたのだ。近藤健先生は、会社員と文筆家の二足の草鞋を履いた、日本一のサラリーマン作家である。

 一昨年縁あって、随筆春秋の同人となることを許された私は、10編近い作品を、札幌の近藤先生に添削していただいた。「よく書けています!」と寸評があるものの、原稿をめくるとそこかしこに朱が入っている。努力して勉強していくうちに、赤ペンの個所はだんだん少なくなっていき、私にとってそれが何よりの励みとなった。

 先日、近藤健先生よりこのホームページへコメントをいただいた。――機が熟し、花開く日を楽しみに待っております(その一部を抜粋)……と記されていたのである。感動!

 その近藤先生が師と仰ぐのが、随筆春秋の大御所でもある、作家の佐藤愛子先生である。

◆作品集 こんけんどうのエッセイ

(小倉一純)

私の作品集 since2016

第24回 随筆春秋賞公募 奨励賞 第13回 文芸思潮 エッセイ賞 第3次選考通過 第23回 随筆春秋賞公募 奨励賞 作文ist / さくぶニスト 小 倉 一 純

0コメント

  • 1000 / 1000