朝は両親と話する

 私は朝起きると調子づいて大きな声で両親に話をする。大きな声はとくに耳の遠い父のためだ。話をするのは、自分自身の欲求不満の解消と、両親のボケ防止のためである。昭和時代の話をはじめると両親はとたんに活気づく。

 今日はまず山岡鉄舟の話から始めた。昭和よりもっとむかしの江戸時代の人物である。西郷隆盛が勝海舟と話し合って幕末の江戸城は無血開城となったが、勝の配下としてその下準備をしたのがこの山岡鉄舟である。身長が 190 センチ近くもある巨漢なのだが、彼は立派な働きをした。官軍の駐留する駿府(静岡市)へ単身赴き、西郷と面会し見事な交渉をしたのである。 彼の働きがなかったら無血開城はなかったかも知れない。

 彼は剣と筆の達人で、「程 人間万事この一字にあり」 の書が特に有名である。人生において程(ほど)ということさえ守っていれば、大きく失敗することは決してないというような意味である。

 そこで私が両親にいった。

「父さん母さんっ、僕は病気もあったがそればかりが原因ではなく、こんなに大きく人生を踏みはずしているでしょ」

「……」

「僕の場合はさ、何事においても程を通り越し、極端なことをして、次から次へと失敗を重ねてきたよね」

「うんうん」

「だから僕ほど、山岡鉄舟の正しさを証明している人間はいないんだよ」

「あっはっはっはっはっ」

 こんな調子である。

 一方、勝海舟であるが、明治時代に入ると隠居して、徳川家康のゆかりの地である静岡県で老後を送った。仕事を失って海舟の部下たちの中には、飯が食えずに苦しんでいる人間もいた。困った彼らが勝を訪ねると、勝は世間話をしながら巻紙を広げて一筆書をしたためる。書きながら彼はかつての部下の話を聞き、これからも頑張るよう励ますのである。

 当時は有名人の書いた書が飛ぶように売れる時代であったそうで、勝の書をいただいたかつての部下はそれをしかるべく処へ売却して、当面の生計を立てたのである。

 勝はそうやって手を動かしつつ口も動かしていたので、それで長生き出来たのだ、というのがこの話の落ちである。右脳と左脳を同時に使うのは長生きするための健康法なのだ。これはNHKの歴史番組の受け売りであるが、両親は喜んで聞いてくれた。

 さて時代は昭和へと入り、静岡駅前の地下街での事故の話となった。昭和時代、ビルを併設する静岡駅前の地下街で、大きなガス爆発があり、大勢が死傷した事件を覚えているだろうか。昭和 55 年(1980年)のことである。

 両親に尋ねてみると、

「うんうん、そんな事故あったな」

「そうね、お父さん、私もそれ、テレビで見たわよ」

 両親とも覚えているようである。

 地下街にある飲食店の横のマンホールに溜まったメタンガスに何かの火が引火して爆発し、その影響で都市ガスが漏れだした。都市ガスは石炭ガス(メタン)ではなく天然ガスに切り替わっていたから、ガスは上へ上る。地下街はビルを併設していたから、その大きな空間へガスは充満しつつあった。そこへちょっとした火の気で着火し、構築物は大爆発をし、その破壊は周囲の建物にも及んだ。

 最後に、地下街やビルへガスを送る口径の大きな本管のガス漏れをいかにして止めるかが緊急の課題となった。ガスの流出を止めるバルブにも近づけない状態となっていたのだ。溶接でもして塞げばいいじゃないかとちょっとは思うが、ガスに溶接つまり火の気は厳禁だ。さらなる被害を引き起こすからである。電動工具の類(たぐい)も一切使えない。

 ――さあさあさあどうするんだ。

 そこで思いついたのが風船を使った方法だ。配管の破けたところへ風船を入れ、それにつながったエアー配管をずっと遠くまで引き伸ばし、引火の危険のないところへ据えたポンプを動かしてその風船を膨らます。管内でパンパンに膨らんだ風船が栓の役目をしてガスが止まるという寸法だ。

 果たせるかなこの方法が大成功を治める。大勢の死傷者を出してしまったが、この風船作戦で事はようやく一件落着をした。

 わが家では毎朝、朝食のたびにこんなことをやっている。お陰で私の喉は枯れ気味だ。


2019.08.28

小倉一純

徳川家康が晩年を過ごした静岡市の駿府城


同人誌 随筆春秋 などのご紹介

同人誌 随筆春秋 は現在3人の先生方からご指導をいただいています。

◆作家 / 直木賞受賞・紫式部文学賞受賞など

 佐藤 愛子先生 …… 代表作品:小説『戦いすんで日が暮れて』『血脈』『晩鐘』など

◆テレビドラマ / 演出家・プロデューサー・映画監督など

   堀川とんこう先生 …… 代表作品:TBSテレビドラマ『岸辺のアルバム』『モモ子シリーズ』『松本清張シリーズ』など

◆脚本家 / 旭日小綬章受章・紫綬褒章受章など

 竹山 洋 先先 …… 代表作品:NHK大河ドラマ『秀吉』『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』など 

◆ 小倉 一純 の師匠 ⇒ 近藤健 先生(作家 佐藤愛子先生の愛弟子)

 先年、随筆春秋の近藤健先生は 30 年近く続けた東京生活を仕舞われ、故郷の町のある北海道へ戻られた。大手石油販売会社の本社を離れて、現在はその札幌支店に勤務されている。ご家庭の事情で転勤願いを出していたのだ。近藤健先生は、会社員と文筆家の二足のわらじを履いた、日本一のサラリーマン作家である。

 2017 年、縁あって随筆春秋の同人となることを許された私は、10 編近い作品を札幌の近藤先生に添削していただいた。「よく書けています」と寸評があるものの、原稿をめくるとそこかしこに朱が入れられている。勉強していくうちに赤ペンの箇所はだんだん少なくなっていき、それが私にとって何よりの励みとなったのである。

 先日、近藤健先生よりこのホームページへコメントをいただいた。―― 機が熟し、花開く日を楽しみに待っております(一部を抜粋)…… とつづられていた。感激である。

 その近藤先生が師と仰ぐのが、随筆春秋の大御所でもある 直木賞作家の 佐藤愛子先生 なのだ。

◆近藤健先生 作品集 ⇒ こんけんどうのエッセイ(プロフィールページ)

0コメント

  • 1000 / 1000