朝の犬走りから。電柱でござるぞッ!

 角地に建つ我家は去年、車に突っ込まれた。お陰で門は大破した。相手の保険会社から補償金が出て、住宅街の道路に面したそれは補修され、新しくなった。

 道路際の敷地内に立つ電柱には、散歩の犬が毎朝オシッコをかけていく。角地なので、立ち寄って足を上げる犬も少なくない。我家にも犬がいたから、そのことを五月蠅くいうつもりはない。

 我家の門構えは白を基調としている。立派ではないが 、直して綺麗になると、持ち前の貧乏性が顔を出す。電柱やその周辺にも染みを作りたくないと思うようになったのだ。いろいろな犬が毎日オシッコをかけると、どうしても黒ずんでしまう。その日も、人の好さそうなゴ ールデンレトリバーが、用を足していった。彼の顔を見て、「コラッ」と怒るわけにもいかない……。

  私は毎朝、自宅の庭をグルグルと回っている。運動のためだ。その庭は、大破した南側だけでなく、もう一方も道路に面している。建物はその際まで迫っていて、犬一匹が通れるほどの小道がそこにはある。こういうのを「犬走り」 と呼ぶらしい。防犯用の砂利の敷かれたその犬走りを、 ザクザクと音を立てながら歩くのが、最近の私の日課となっている。短いコースだが、私にとっては室内のエアロバイクや踏台昇降より遥かによい。歩きながら私はいろいろな事を考える。そのことが毎日の楽しみともなっているのだ。その日も、ひと汗かいたところで妙案を思いついた。

 「そーだ!」 

 ―― 強い者が縄張りを主張すれば、弱い者は近づけない  ……   

 これが、自然界の掟である。早速私は実行した。ここだけの話だが、トイレに行って自分のオシッコを紙コッ プに取り、問題の電柱の根本にかけたのである。

  翌朝は花冷えだった。都市部のこの辺りもぐっと気温が下がり、桜の季節だというのに山ぎわでは雪の予報も出ている。ダウンジャケットに白い軍手の私はいつも通り、犬走りをザクザクと音を立てながら、早足で歩いていた。と見ると、ポメラニアンが通りかかる。小さな愛玩犬である。何事もなかったかのように彼は、その電柱にオシッコをしている。そして、澄ました顔で、リ ードを引く少女と我家を後にした。

 「あれッ……」

  私は会社を早期退職したとはいえ、まだ還暦である。60歳の雄々しい男子なのだ。

  その私がマーキングした――、電柱でござるぞッ!  了   


2019/04/10

小倉一純

近藤健 先生  

 先年、随筆春秋の近藤健先生は、30年近い東京生活を仕舞われ、故郷の町のある北海道へ戻られた。大手石油販売会社の本社を離れて、現在はその札幌支店に勤務されている。ご家庭の事情で転勤願いを出していたのだ。近藤健先生は、会社員と文筆家の二足の草鞋を履いた、日本一のサラリーマン作家である。

 一昨年縁あって、随筆春秋の同人となることを許された私は、10編近い作品を、札幌の近藤先生に添削していただいた。「よく書けています!」と寸評があるものの、原稿をめくるとそこかしこに朱が入っている。努力して勉強していくうちに、赤ペンの個所はだんだん少なくなっていき、私にとってそれが何よりの励みとなった。

 先日、近藤健先生よりこのホームページへコメントをいただいた。――機が熟し、花開く日を楽しみに待っております(その一部を抜粋)……と記されていたのである。感動!

 その近藤先生が師と仰ぐのが、随筆春秋の大御所でもある、作家の佐藤愛子先生である。

◆作品集 こんけんどうのエッセイ

(小倉一純)

私の作品集 since2016

第24回 随筆春秋賞公募 奨励賞 第13回 文芸思潮 エッセイ賞 第3次選考通過 第23回 随筆春秋賞公募 奨励賞 作文ist / さくぶニスト 小 倉 一 純

0コメント

  • 1000 / 1000